心を込めて、捺印

  • RSS

私は印鑑の捺印の際に、なかなか上手く押すことができません。
書類に捺印をする際、曲がってしまった、朱肉が薄かった、しっかり押せていないなどなど、皆さんも、このような経験ありませんか?

捺印をキレイに押せて損はない!と思い、悩みを解消すべく、印鑑を上手に押せる裏業をいくつか調べてみました。
まず、これは既に利用していらっしゃる方も多いかと思われます、印鑑マット又は捺印マット。いくつか呼び名がありますが、正式名称は印褥(いんじょく)と言いい、 印鑑を捺印する際に、紙の下に敷く専用の下敷きです。
捺印はちょっとのことなので、身近にある、ある程度厚みのあるものを下敷きにして、代用という方も多くいらっしゃるかと思います。
印鑑マットは、上手に捺印できる厚さと弾力で出来ていますので、利用することで捺印の仕上がりがキレイになる効果があります。

次に、「印矩」(いんく)という、云わば印鑑のを押すための定規があります。
形はT字、またはL字ものが主流です。
賞状など、公の捺印には利用されることが多いようでうが、500円くらいから購入が可能なため、最近ではオフィスや捺印を上手にしたい方など、身近な需要も増えてきているそうです。
また、印矩は、捺印の際、もしも、朱肉が薄かったら、2度押しをすることも可能です。
ちょっと使ってみたくなりました。

また、印鑑の保管の仕方でも、捺印に差が出ることがあります。
使用をしたら、キレイに朱肉をふき取り保管をする。
印鑑や朱肉には、見えない細かな汚れやホコリが付いていることも多いようです。
これらが印鑑に残ってしまうと、付着して次の捺印にムラが出てしまうこともあります。
印鑑をキレイに保つことで、捺印もキレイに出来ます。

他にも、慣れることも、印鑑をキレイに押せる方法の1つかもしれません。
ですが、判子は、まっすぐに押す。という事実よりも、まっすぐに押そう!と努力をする気持ちが一番大切なんです。
印褥や印矩など、どんなに上手に押せる道具に頼っても、心を込めて印を押さなければ、捺印の証にはなりません。
心を込めた捺印は、少々曲がっていても、きっと捺印の気持ちが伝わるものです。



~ 話題のサイト情報 ~

〔仕上がりイメージも確認できる「作れる!簡単名刺」〕

SPEED名刺館なら名刺やショップカードの作成、印刷がとってもお得!

モノクロ片面50枚を高品質オンデマンド印刷で1,240円~!
自分の顔写真やQRコードも追加することができるので、
一味ちがったオリジナルの名刺を作成できます。

このページの先頭へ