旧姓の印鑑はそのまま大切に…

  • RSS

結婚をして、名字が変わった方も多くいらっしゃると思います。
旧姓で持っていた印鑑は、その後どうしていらっしゃいますか?
私の場合は、元々仕事用とプライベート用とで認印を2本しか持っておりませんでした。
結婚直後には、名字変更などで必要な書類がありましたので、それに使用をして、1年位は何かと旧姓の印鑑も出番がありましたが、当たり前ですが、その後は、旧姓の印鑑の出番は全くなくなり、現在も、そのまま2本とも手元に残っている状態です。

そもそも印鑑は、私にとっては余り使う機会の少ないものということもあり、家族の分をまとめて、ケースに入れて保管をしています。
そして、たまに必要に迫られて、印鑑を取り出す際、同じケースにある旧姓の印鑑も必ず目にします。
と言うより、なぜか目に留まってしまいます。
そのたびに、この印鑑をどうしようかな?と思い、実家や兄弟にあげようかと毎度思います。
しかし、家族も既に印鑑をそれぞれ持っていたり、私の持っている印鑑も大した高いものでもないので、あげるにも気が引けてしまう状態です。
このような方も多くいらっしゃるかと思います。

結婚をしても、旧姓名字は、何かとずっと付きまとう名字です。
それゆえ、手元にあるだけに、目に付く旧姓の印鑑は、どうしても懐かしくなってします。
私は元々、物を捨てられないタイプなので、私同様、物を捨てられないタイプの方は、もう使わなくなった旧姓の印鑑でも、使わないけど捨てる捨てられず、どうしてよいのかわからないまま、取っておいていらっしゃるのではないでしょうか?
私は結局、今年も旧姓の印鑑をそのまま大切に、ケースに保管してしまいそうです。

〔オススメのWEB通販サイト〕
印鑑を買うなら、ネットの印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】がオススメ!
おしゃれな個人認め印から会社の印鑑まで、安値で取り揃えています。
職人による手彫り仕上げで、品質も安心です!

このページの先頭へ